Vehicle Robotics; VeBotsにようこそ

VeBotsが関係する国内外の研究集会・イベント

VeBotsが関係する北海道の事業・研究会

○ ロボット農作業機等実用化普及推進事業
○ 北海道施設園芸高度化事業
○ 北海道高度情報化農業研究会

VeBotsの最新情報

2017年2月7日
1月10日からVeBotsに滞在していた韓国の忠南大学の学生2名(Kim Yoen SooくんとNa Rae Kangさん)が帰国しました。



2017年2月7日
農学院生物生産工学系の修士論文発表会が行われ、VeBotsから修士2年生3名が発表しました。
川人寛子:画像処理を用いた走行マーカー列検出による田植機自動操舵に関する研究
曾雌弘平:レーザースキャナを用いたロボットトラクタの安全性確保に関する研究
梁凌光:ドローンを用いたロボットボートのナビゲーションに関する研究



2017年2月2日
生物環境工学科の卒業論文発表会が行われ、VeBotsから学部4年生4名が発表しました。
大西耕平:農作業履歴の記録省力化のためのユーザーエクスペリエンス設計・開発
鎌田樹:重量物ハンドリングロボットアームの制御に関する研究
小林希実:マルチロボットトラクタの性能向上に関する研究
瀬水捷:田植機自動操舵のためのマシンビジョンによる走行マーカー列検出



2017年2月1日
VeBotsから2名の博士3年の学生が、学位論文公開発表会を行いました。
Yufei Liu: Autonomous Navigation for an Agricultural Unmanned Airboat in Paddy Field
Chi Zhang: Development of a Multi-robot Tractor System for Farm work



2017年1月10日
韓国の忠南大学より、Kim Yoen SooくんとNa Rae Kangさん(ともに修士2年生)が来日しました。彼らはこれから約1ヶ月間VeBotsで共に学びます。



2016年12月13日〜12月15日
札幌で行われたIEEE/SICE Internarional Symposium on System Integrationにおいて、野口伸教授とVeBotsのD3であるLiu Yufei君が講演を行いました。
野口伸教授(Plenary Lecture): Current status and perspectives for smart agriculture
Wang Hao(発表 野口伸教授): Autonomous Maneuvers of a Robotic Tractor for Farming
Liu Yufei: Wind direction-based path planning for an agricultural unmanned airbort



2016年12月12日
VeBotsのオーストラリアにおけるロボットトラクタ実験が、オーストラリアABCニュースで取り上げられました。VeBotsで研究しているロボトラと、研究に携わるD1のWang Haoくんが載っています。
http://www.abc.net.au/news/2016-12-12/driverless-tractor-breaking-new-ground-sugar-agricullture-farms/8104842




過去のニュースへ